学校法人増子学園 増子幼稚園

TEL : 048-561-0806

〒348-0052 埼玉県羽生市東2丁目4-41

お問い合わせ

プライバシーポリシー

未来に向かって 大きな夢を育てたい

幼児期はこころとからだの基礎づくり。
健やかに育つよう、豊な体験与えたい。

見る、知る、動かす。やってみる。
ためして伸びる、感じて育つ夢がある。

わたしたちにできること、
それは保育の環境つくり。
思い出作る。行事、遠足、動物村。

未来にむかって、大きな夢をそだてたい。
ずっと変わらぬ私たち増子幼稚園の願いです。

教育方針

★ ひろいこころ
 …思いやりのある子。だれとでも仲良く遊べる子。動物、植物を大切にする子。


★ 豊な創造力
 … 教えられたり、工夫したりする子。いろいろな事にチャレンジできる子。

★ 健やかな身体
 …元気で明るい子。最後まで頑張る子。正しい生活習慣が身につく子。

募集園児

★ 2年保育 あか組 (4才児・年中 H26.4.2~H274.1生)
★ 3年保育 ぴんく組(3才児・年少 H27.4.2~H28.4.1生)
★ 満3才児

願書受付

31年度の受付は随時行っております。
願書受付の日はお子様をおつれ下さい。簡単な面接を致します。

増子幼稚園8つの特色

1. 意欲を育てるピアジェ教育
  子どもの主体性を大切に、「遊び」を通じて健やかな達を促します。

2. 仲良く育つ縦割り保育
  意識的にクラス間の交流を深める遊びの時間を取り入れています。

3. 可能性を引き出す正課指導
  英語や体操、硬筆、お茶の作法など、楽しみながら体験しています。

4. 音感育む天野式リトミック
  本流のリトミック指導で、敏捷性やリズム感などの発達を促します。

5. 成長を実感の行事参観
  我が子の成長を見守って欲しいから、行事参観を取り入れています。

6. 収穫体験で好き嫌い無し
  ぴあみの森の農園でみんなで育てたじゃがいもや大根を調理し試食。好き嫌いも無くなります。

7. 動物体験で育む優しい心
  恒例の動物村で、小動物とふれあいます。いたわりの心が育っています。

8. 心技をつなぐ祖父母の日
  昔の玩具を一緒に作ったりして、祖父母と交流を深めています。

朝8時から(早朝保育)5時30分まで(延長保育) 子育てのお母さんを応援します

早朝・延長保育室があります。
早朝・延長保育は 無料 です。
小さいお子様が 病院に行く
お母さんの 急用ができた時
小学校のPTAの時など
パートの時間にあわせて 迎えに来て下さい。
また、春休み・夏休み・冬休みも 1日 300円 でお預かり保育があります。

平成28年度補助金額予定一覧表

補助対象区分 【条件A】 【条件B】
園児に小学校1~3年生の  ひとり親世帯等
兄や姉がいない場合(園 
児が年長者以降)    
同一世帯に小学1~3年生の兄や姉が1~2人以上いる場合(園児が第2子以降)・ひとり親世帯
(1)生活保護世帯 第1子  308,000円  308,000円 - -
第2子  308,000円 308,000円 第2子 308,000円
第3子以降 308,000円 308,000円 第3子以降 308,000円
(2)市民税非課税世帯

(3)市民税所得割非課税世帯
第1子  272,000円 308,000円 - -
第2子  290.000円

第3子以降 308,000円
380,000円 第2子 290,000円
              
           
(4)市民税所得割課税額の世帯合計が
34,500円に下記①の額を加算した額以下の世帯
第1子  115,200円 217,000円 - -
第2子  211,000円 308,000円 第2子 211,000円
第3子以降 308,000円 308,000円 第3子以降 308,000円
(5)市民税所得割課税額の世帯合計が171,600円に下記②の額を加算した額以下の世帯 第1子   62,000円 62,200円 - -
第2子  185,000円 185,000円 第2子 185,000円
第3子以降 308,000円 308,000円 第3子以降 308,000円
(6)上記区分以外の世帯 第2子  154,000円 154,000円 第2子 154,000円
第3子以降 308,000円 308,000円 第3子以降 308,000円

1. 16歳未満の扶養親族の数×21,300円+16歳以上19歳未満の扶養親族の数×11,100円
2. 16歳未満の扶養親族の数×19,800円+16歳以上19歳未満の扶養親族の数×7,200円
・扶養親族の年齢と人数は、平成27年12月31日現在におけるものとする。
※保護者負担の保育料(入園料と毎月の保育料の合計額)と上記補助限度額のいずれか低い方が支給されます。
○なお、区分(1)~(4)の世帯については、多子計算の算定対象の年齢制限を完全に撤廃し、年齢に関わらず多子計算の算定対象とします。
○また、ひとり世帯等に該当する場合は、同じ補助対象区分でも補助金額が異なる場合があります。
 

計算例
【その1】市民税所得割課税額の世帯合計が補助対象区分(4)の場合で、5歳・3歳児の園児がいる世帯
5歳児 【条件A】の第1子扱い    115,200円   
3歳児 【条件A】の第2子扱い    211,000円   
【その2】市民税所得割税額の世帯合計が補助対象区分の(5)の場合で、小学校3年生の児童と4歳・3歳児の園児がいる世帯
小学3年生 - -
5歳児 【条件B】の第2子扱い    185,000円   
3歳児 【条件B】の第3子扱い  (※)308,000円   
(※)ただし、当該年度に支払う入園料・保育料の合計額が上限になりますので、入園料50,000円、保育料月額20,000円の場合、補助金額は290,000円になります。